スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : スポンサー広告 | スポンサーサイト

グリコール酸とサリチル酸マクロゴールピーリングの違い

グリコール酸とサリチル酸マクロゴールの薬剤濃度が同じ場合で、ニキビ治療にどれだけ違いがあるか比較してみます。

サリチル酸マクロゴールピーリングの方がグリコール酸よりも刺激が少なく、痛み、色素沈着、赤みや腫れのトラブルがほとんどありません。

さらに角質を取り除く働きがグリコール酸よりも高いです。

サリチル酸マクロゴール1回につき、グリコール酸ピーリング4回分に相当します。

グリコール酸ピーリングは2週間に1回、8~12回受けなければなりませんが、サリチル酸マクロゴールピーリングは月に1回、3~4回程度で済みます。

つまりサリチル酸マクロゴールのほうが料金費用(コストパフォーマンス)の面でも優れているといえます。

皮膚科や美容外科クリニックでもサリチル酸マクロゴールピーリングを導入しているところが増えていますので、検討するのもいいかもしれません。

スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : ケミカルピーリング | グリコール酸とサリチル酸マクロゴールピーリングの違い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。