スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : スポンサー広告 | スポンサーサイト

FGF治療とニキビ跡

FGF治療とは、凹んだニキビ跡の細胞を増加させる繊維芽細胞増殖因子(FGF)を注射する治療法です。

FGF治療は凹んだニキビ跡の細胞を増やす作用があるので、ニキビ跡改善に効果があります。

FGF治療の手順は、CO2レーザーを当てて、ニキビ跡の周りのお肌をなめらかにします。

ニキビ跡が深い場合は、コラーゲンを増やすためにFGFを注射することで、自然なコラーゲンを促進させ、ニキビ痕を平らにしてくれます。

FGF治療1回受けることで、皮膚が盛り上がって、治療後1~2週間後に治療効果を感じることができます。

ただし、FGF治療後は赤く腫れた状態が続きます。そして赤みがひくのは3ヶ月~半年ほどかかるといわれています。

FGFの場合、コラーゲン注射やヒアルロン注入のように吸収されることがないので、一度受けると改善されたお肌の状態を保つことができます。

2回目以降FGFを受ける場合は、お肌の赤みが引いてから受けるようにしてください。

FGF治療による副作用はほとんどありません(元来体内で作られている因子を注入するため)。

しかしFGF治療は最新のニキビ跡治療法になりますので、お値段料金費用は高額になります。

スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : ニキビ痕手術 | FGF治療とニキビ跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。