スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : スポンサー広告 | スポンサーサイト

培養表皮移植とニキビ跡

培養表皮移植とは、耳や脇などの目立たない皮膚部分を取り除いて培養します。

ニキビ跡の凹みが目立つところをレーザーで削り、培養した表皮に移植するニキビ跡治療法です。

培養表皮移植によって、表皮を移植することでより早く皮膚が発生します。

培養表皮移植の手順は、採血の際、感染症異常がないかを確認。

異常がなければ皮膚を採取し、培養します。ただし完全に培養するまで最短でも1ヶ月はかかるといわれています。

そして、培養に時間がかかったり、培養しても皮膚が育たない場合もあります。

うまく皮膚の培養に成功したら意、静脈麻酔、局部麻酔を行って、眠っている状態で培養表皮移植手術が行われます。

手術後2日間は点滴を要し、施術後5日ほどで抜糸します。

ニキビ跡の培養表皮移植は、九州の「矢永クリニック」で行われています。

治療費用は60万円以上し、色素沈着、お肌の赤みがとれるのは半年ぐらいかかります。

そして手術は1日では終わらないので滞在費も必要になってきます。

スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : ニキビ痕手術 | 培養表皮移植とニキビ跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。