スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : スポンサー広告 | スポンサーサイト

ケミカルピーリングの注意点

ケミカルピーリングは角質を剥がすので、ピーリング後はお肌が敏感になっています。

ピーリング前日は顔そりやパック、スクラブ洗顔は行わないようにしてください。

そしてピーリングを受ける1ヶ月以内はレーザー脱毛、電気脱毛、ワックス脱毛もなるべくしないようにしてください。場合によってはケミカルピーリングができないことがあります。

顔に湿疹や口唇ヘルペスなどの皮膚病の方はケミカルピーリングは受けられません。

妊娠中、授乳中の方は、担当の医師に相談してください。

またエステサロンで行われるピーリングは、美容目的です。

ニキビ治療など、医療目的でのケミカルピーリングは法律で禁じられています。

そのため、エステサロンでのピーリング薬剤はフルーツ酸がメインで、濃度もかなり低いです。

ニキビやニキビ痕治療目的でのピーリングを受ける場合は、皮膚科や美容外科クリニックで受けるようにしてください。

ケミカルピーリング後は、シミ、シワ、お肌の老化の原因になりますので必ず紫外線対策を行ってください。

スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : ケミカルピーリング | ケミカルピーリングの注意点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。