スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : スポンサー広告 | スポンサーサイト

ケミカルピーリングの種類

フルーツ酸ピーリング

薬剤強度は一番穏やかなケミカルピーリング。

乳酸やグリコール酸をフルーツ酸ピーリングと一般的に呼ばれています。

エステや皮膚科・美容クリニックで一番使われるのがフルーツ酸ケミカルピーリング。

アジア人種は皮膚が分厚いので、効果の強いピーリングは向かないため、グリコール酸が一番よく使われています。

AHAケミカルピーリング

グリコール酸ケミカルピーリング

TCA・サリチル酸ピーリング

フルーツ酸ピーリングよりも薬剤強度が強いピーリング。

高濃度ピーリングは角質を取り除く他、真皮の細胞を活性化し、コラーゲン生成を促進するため、ニキビやニキビ痕の凸凹改善にもつながります。

サリチル酸ピーリングやサリチル酸マクロゴーピーリングを行う皮膚科・美容外科が最近増えています。

TCAケミカルピーリング

サリチル酸ケミカルピーリング

フェノール(ブルーピール)

最も薬剤強度が強いピーリング。しかし、色素沈着などのトラブルが多いため、現在はほとんど使われていません。

スポンサーサイト

にきびの治療とケア

ニキビとニキビ跡治療 | カテゴリ : ケミカルピーリング | ケミカルピーリングの種類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。